Blog

Visual Studio Code で Ruby ERB の表示の機能拡張を追加してみる

皆さんエディタ何使ってますか?

僕は最近、 Visual Studio Code を使ってます。 (自作のエディタはお休みしてもらってます。)

最近のエディタらしく、Visual Studio Code も拡張機能を使って拡張できるんですね。


Rails ERB の表示を拡張

様々な言語の表示をサポートしている Visual Studio Code ですが、
Ruby ERB はサポートされていませんでした。
(Ruby はサポートされてる)

しかし、拡張機能で Ruby ERB をサポートする機能拡張が公開されているので、 これを導入すれば Rails の開発も少しはかどる気がします。

  1. 左下の四角いボタンをクリックします。
    クリックすると、画面上に「拡張機能」という小窓が表示されます。
    extensions01

  2. 画面上に「拡張機能」という小窓が表示されたら、その下のプルダウンの「拡張機能:拡張機能のインストール」をクリックします。 クリックすると、小窓に「ext install」と入力されます。
    extensions02
  3. 小窓に「ext install」と入力されたら、つづいて erb と入力し、エンターキーを押下します。
    押下すると、インストールされ、エディタの再起動を求められるので再起動すると完了です。
    extensions03




Visual Studio Code の Ruby ERB の見た目

見た目はこんな感じ。 タグで折りたためるけど、ちゃんとタグを解析しているわけでなく、段落をみている感じがする。
まあ、エディタとしては、ちゃんと解析すると開発の意味がないのでいい気はします。

extensions04