Blog

Solidus 日本語化 gem を公開しました。

Solidus という Rails 製の EC プラットフォームがあります。
https://solidus.io/

Solidus は Spree からフォークされた EC プラットフォームですね。
https://spreecommerce.com/

で、これを日本語化する gem を作りました。
RubyGems にも登録済み。

Github : solidus_locale_ja
RubyGems : solidus_locale_ja

国際化には
solidus_i18n
があるので、これを導入するのがいいのですが、
まだ、翻訳が足りなかったり、コードテーブルが日本語化されてなかったりしたので、作りました。
いずれマージできたらいいなと思ってます。




インストール

README.md にも書いてますが、
このgemの他に Rails を国際化する gem を入れていきます。

gem 'solidus'
gem 'solidus_auth_devise'
gem 'rails-i18n'
gem 'devise-i18n'
gem 'solidus_locale_ja'
gem 'kaminari-i18n'

その後、マイグレーションファイルやseedsの生成です。
注意点としては、 Solius の readme に書いてある bundle exec rake db:seed はしないようにしてください。
英語のseedsはデータベースに投入されます。

$ bundle exec rails g spree:install --migrate=false --sample=false --seed=false
$ bundle exec rake railties:install:migrations
$ bundle exec rake db:migrate

それから、 db/seeds.rb に追加された Spree::Core::Engine.load_seed if defined?(Spree::Core) をコメントアウトし、
以下を実行します。

$ bundle exec rake db:seed:solidus_locale_ja

最後に config/application.rbconfig/initializers/spree.rb を日本語の表示の設定に変更します。

あとは rails を起動すると日本語化された Solidus が起動するでしょう。



Solidus 日本語化 gem
solidus_locale_ja


広告

システム屋まそおでは、 Solidus を使った EC システムの開発もうけたまわっています。
お問い合わせは、Googleフォームのお問い合わせページ から受け付けています。
Twitter や Facebook からでもお問い合わせて頂いても大丈夫です。