Blog

SnapchatでRubyKaigiの動画をとってみた

去年に続き RubyKaigi 2016 に参加しました。
で、今年は Snapchat を使って、RubyKaigi の動画を撮って思い出としました。
以下のプレイリストが Snapchat で撮った動画一覧です。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLoA3nnJKPdMTEFuxC_6dB1WPNdh70Ihng



Snapchat がいい点



1. 10秒の動画が取れる

写真と動画が取れて、「マイストーリー」という仕組みで公開出来ますが、
その際に取れる動画の長さが 10秒 です。
10秒ぐらいだと、何が起こっているかが分かるけど、全体は分からないという感じなので、
雰囲気だけ伝えられていい感じです。
スライドの内容が全て収録されたりでもして、著作権侵害をしても困るので、とても良いです。



2. 現在時刻を入れられる

現在時刻を入れられるフィルターがあるので、今回は使いました。
時刻が分かると、この時間こんな事あったなと、思い出に浸れます。



3. ひとつにまとめてエクスポートできる

とった動画・画像は、何もしないと 24時間後に削除されます。
しかしエクスポート機能がついているので、大切なものは手元に置いておけます。

そしてこのエクスポート機能がポイントで、10秒毎の動画毎にエクスポートされるのではなく、
マイストーリーに現在あるもの(動画・画像)を全て一つの動画にまとめてエクスポートされます。

今回YouTubeに掲載している動画は、このエクスポート機能を使って出力した動画です。



工夫した点



現在時刻フィルターの活用

記念に残しておくには、やはり時刻が表示されていた方がいいと思って入れました。
だいたいに時刻フィルターを入れた結果、
エクスポートした時どんどん時間が経過している動画になったので良かったです。



映したいものは、画面の下によせる

時刻フィルターが画面中央にデカデカと表示されるので、
それに合わせて画面下に映したいものを入れるようにしました。



ノイズ除去した

本当は撮って出しで YouTube に上げたかったのですが、
スマホで撮った動画の音声にノイズが入りまくっていて、
イヤホンして見ていると不快だったので、修正しました。

Audacity と Adobe Premiere Pro CC を使いました。

Adobe Audition CC 使った方がいいんだろうな。

勉強会を撮っても楽しいんじゃなかなと思うので、
これからもちょくちょく撮っていきたいと思ってます。