Blog

Ubuntu Server 16.10 インストールログ

Ubuntu Server 16.10 をインストールした場合の備忘録です。
インストール方法で Ubuntu Server 16.04 から変更はありません。

最新版のインストール記事をご覧になりたい方は、
Qiita 上の 「Ubuntu Server インストールログ」 という記事でリンクをまとめています。
また、次のバージョンのインストールログは 「Ubuntu Server 17.04 インストールログ」 にて、
当ブログに掲載しています。



  1. ディスクを入れて起動します。
    以下のようなインストーラーの表示言語選択画面になるので、
    「日本語」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下するとインストール方法の選択画面に移動します。
    ubuntu_01

  2. インストール方法の選択画面に移動したら、
    以下のような「Ubuntu Server をインストール(I)」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「Select a language」の画面に移動します。
    ubuntu_02

  3. 「Select a language」の画面に移動したら、
    「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「場所の選択」の画面に移動します。
    ubuntu_03

  4. 「場所の選択」画面に移動したら、
    「日本」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「キーボードが由来する国」画面に移動します。
    ubuntu_04

  5. 「キーボードの設定」画面に移動したら、
    「Japanese」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「キーボードのレイアウト」画面に移動します。
    ubuntu_05

  6. 「キーボードのレイアウト」画面に移動したら、
    「Japanese -Japanese(OADG 109A)」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ネットワークの設定」画面に移動します。
    ubuntu_06

  7. 「ネットワークの設定」画面に移動したら、
    ホスト名を入力して(ここでは、ホスト名を「ubuntu」としています。)、
    「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「新しいユーザの本名(フルネーム)」画面に移動します。
    ubuntu_07

  8. 「新しいユーザの本名(フルネーム)」の画面に移動したら、
    自分の名前を入力して(ここでは、自分の名前を「username」としています。)、
    「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「あなたのアカウントのユーザ名」画面に移動します。
    ubuntu_08

  9. 「あなたのアカウントのユーザ名」画面に移動したら、
    アカウントユーザ名を入力して
    (ここでは、アカウントユーザ名を「username」としています。)、
    「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「新しいユーザのパスワードを選んでください」画面に移動します。
    ubuntu_09

  10. 「新しいユーザのパスワードを選んでください」画面に移動したら、
    パスワードを入力して、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「確認のため、再度パスワードを入力してください」画面に移動します。
    ubuntu_10

  11. 「確認のため、再度パスワードを入力してください」画面に移動したら、
    再度パスワードを入力して、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ホームディレクトリを暗号化しますか?」画面に移動します。
    ubuntu_11

  12. 「ホームディレクトリを暗号化しますか?」画面に移動したら、
    「いいえ」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「時間の設定」画面に移動します。
    ubuntu_12

  13. 「時間の設定」画面に移動したら、
    「your time zone is Asia/Tokyo」と表示されているのを確認し、
    「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ディスクのパーティショニング」画面に移動します。
    ubuntu_13

  14. 「ディスクのパーティショニング」画面に移動したら、
    「ガイド-ディスク全体を使い、LVMをセットアップする」を選択し、
    Enterキーを押下します。
    押下すると「パーティショニングするディスクの選択」画面に移動します。
    ubuntu_14

  15. 「パーティショニングするディスクの選択」画面に移動したら、
    表示されているディスクを選択し、
    (環境によってここは異なってくるはずです。)
    Enterキーを押下します。
    押下すると「ディスクの変更を書き込み、LVMを設定しますか?」画面に移動します。
    ubuntu_15

  16. 「ディスクの変更を書き込み、LVMを設定しますか?」画面に移動したら、
    「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ガイドによるパーティショニングを利用するボリューム」画面へ移動します。
    ubuntu_16

  17. 「ガイドによるパーティショニングを利用するボリューム」画面へ移動したら、
    「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ディスクに変更を書き込みますか?」画面に移動します。
    ubuntu_17

  18. 「ディスクに変更を書き込みますか?」画面へ移動したら、
    「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると基本パッケージのインストールが開始され、
    最終的に「HTTP プロキシの情報(なければ空)」画面に移動します。
    ubuntu_18

  19. 「HTTP プロキシの情報(なければ空)」画面に移動したら、
    何も入力せずに「続ける」を選択し、
    (インターネット接続にプロキシを経由している環境では、ここに情報を入力しましょう。)
    Enterキーを押下します。
    押下すると「このシステムのアップグレードをどのように管理しますか?」画面へ移動します。
    ubuntu_19

  20. 「このシステムのアップグレードをどのように管理しますか?」画面へ移動したら、
    「自動的にアップデートしない」を選択し、
    (「セキュリティアップデートを自動的にインストールする」を選んでもいいでしょう。)
    Enterキーを押下します。
    押下すると「ソフトウェアの選択」画面へ移動します。
    ubuntu_20

  21. 「ソフトウェアの選択」画面へ移動したら、
    インストールするソフトウェアを選択します。
    開発サーバーとして使用する予定なので、
    「standard system utilities」が選択されている事を確認して、
    「OpenSSH server」を選択し、
    「続ける」へ移動してEnterキーを押下します。
    押下すると「ハードディスクへのGRUBブードローダのインストール」画面へ移動します。
    ubuntu_21

  22. 「ハードディスクへのGRUBブードローダのインストール」画面へ移動したら、
    「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「インストールの完了」画面に移動します。
    ubuntu_22

  23. 「インストールの完了」画面に移動したら、
    「続ける」を選択し、
    Enterキーを押下します。
    押下すると再起動されインストールが完了します。
    ubuntu_23

以上です。

過去の同様の記事
Ubuntu Server 16.04 インストールログ
Ubuntu Server 15.10 インストールログ
Ubuntu Server 15.04 インストールログ : まそおぶろぐ
Ubuntu Server 14.04 インストールログ : まそおぶろぐ
Ubuntu Server 13.10 インストールログ : まそおぶろぐ
Ubuntu Server 13.04 インストールログ : まそおぶろぐ
Ubuntu Server 12.10 インストールログ : まそおぶろぐ
Ubuntu Server 10.04 インストールログ : まそおぶろぐ