Blog

今 Windows/VirtualBox で docker 使うなら for win より Toolbox

こんにちは、システム屋まそおの舩原です。
VirtualBox もインストールされている Windows で docker を使っていますが、
その場合だと、”Docker for Windows” より “Docker Toolbox” の方が便利だった。
という話です。


Docker for Windows とは

Docker for Windows は Windows で使える Docker です。
インストールすれば使えます。
とっても便利で、Hyper-V テクノロジーを使って実装されています。


Docker Toolbox とは

Docker Toolbox も Windows で使える Docker です。
こちらもインストールすれば使えますが、
Docker for Windows が登場する前に作成された旧来のツールです。
VirtualBox のテクノロジーを使って実装されています。

https://docs.docker.com/toolbox/overview/ の見出し下にも書かれていますが、
Docker for Windows をなるべく使おうという旨が書かれているので、メンテナンスがいつまで続くかは心配です。


それでもなぜ Docker Toolbox か?

Docker for Windows が推されているのに、なぜ Docker Toolbox を使った方が便利かというと
Hyper-V と VirtualBox の相性の悪さのせいです。

過去の記事(Hyper-V をオン/オフする方法) でも紹介しましたが、
Hyper-VとVirtualBox の仮想化が競合しているので、
Docker for Windows を起動させると VirtualBox がうまく動きません。

なので、 Docker Toolbox で VirtualBox と共存していった方が都合が良いです。
今のところ便利に使わせてもらってます。